20141122-1201_202989472
早朝。

私は聞きなれた携帯から流れる目覚まし音で目が覚めた。

前日深夜までいつものようにドラクエをし、

十分な睡眠時間は取れていない体はブリキのように重く、

布団から出ようとする私の意志を揺らがす。

眠い・・・もう一度だけ・・・あと5分・・・

そう思いながらも手さぐりでテレビのリモコンを探し、電源ボタンを押す。

画面に映し出される、顔立ちが整ったアナウンサー。

朝のルーチンワークの一つとして、情報番組を見ることは

世の中の情勢を知る大事な手段のひとつとなっていた。

衆院解散。
紅白出場歌手決定。
オリーブオイル。

私はコーヒーを飲み、スーツに着替えながら情報を吸収する。

いつもと代わり映えしないニュースばかりであった。

さぁ・・・また長い1日が始まる・・・

コーヒーを飲みほし、マフラーを巻き出社の準備の最終段階に入る。

最後にテレビの電源を切ったら最後。

鞄を持った逆の手を伸ばし、テレビのリモコンを持つ。

人差し指がリモコンの電源ボタンに触れた瞬間、

鈍器なようなもので頭を殴られたかのような、

鈍い衝撃が私を襲った。

画面いっぱいに映し出される









北川景子DAIGO熱愛







北川景子DAIGO熱愛













北川景子DAIGO熱愛














北川景子DAIGO熱愛











北川景子DAIGO熱愛










北川景子DAIGO熱愛



















え・・・・
え・・・・・・・
え・・・・・・・・・・



悲しみに震えながら出社し、悲しみの気持ちを燃料にブログ書きました。




ブザービートの北川景子が大好きでした。
ウィッシュ・・・

ドラゴンクエストX ブログランキングへ