20140823-0400_177473310
レンドア南にいるコンシェルジュのこのお姉さんかわいい。

絹のような白い肌を覆い隠す服装。

決して自己主張が激しくはない胸。


何よりこのショートカットは社会にもまれて汚れきった私の心を浄化し、

下半身に潜む私の聖剣・・・

通称『聖剣アルテマウメポン』をも抜かんとばかりに訴えかけます。

ちなみに私のアルテマウメポンの基礎能力は戦闘時膨張率120%。

錬金は発動速度21%(理論値)。

戦闘後のテンプレの会話は、

『え?終わり?』

『なんかごめん・・・』


このようになります。

何度枕を濡らしたか数えきれません。















話は180度変わります。
20140823-2146_177659817
こちらの写真は前回の記事での
バッファローマンコスプレの途中経過の写真です。

私、ふとこの写真見て初めて気づいたんです。

何か違和感があると・・・。

私たちの感覚では存在して当たり前のものが存在していないのです。

お気づきの方、または以前から既知の方もいるかもしれないのですが、

そう・・・・




























20140823-2146_177659817
乳首がないのです。

少なくとも私の認識では、

人間の上半身には左右に対をなして

突起状のものが2つ存在するはずなのですが

それがどうも確認できないのです。

これはいったいどういうことなのか。

ニップレスでも装着しているのでしょうか。

ここで私は以下の仮説をたてることにしました。





【アストルティアの民には乳首は存在しない説】

私たち人間とアストルティアの民たちは、

今まで同じ存在と私は思っていました。

しかし、この考えが間違っていたのかもしれません。

人類と違った存在。

それがアストルティアの民なのではないでしょうか。

しかし、どう見ても見た目は私たち人類と似て非なる存在なのは確か。

ここで考えられるのは同一先祖説です。

まず下の図を見て頂きたい。


無題
図を見てわかるように私たち人類と、アストルティアの民。

先祖は同一と考えてみます。

先祖には乳首が存在していました。

しかし、私たちの先祖には何かしらの理由で乳首を使うもの

そして乳首を使わないものの大きく二つに分類されることになります。

乳首を使用しないものたちは進化の過程で退化していくことになり、

アストルティアの民として生きていくことに。

乳首を使用するものたちは私たち人類ということです。

そう、私たちの胸に存在する突起状の存在は進化の証なのです。





そう思うと乳首の色、形、すべてがとても神秘的なものに見えたりしないでしょうか?



では、今日はこのへんで。

是非応援のクリックして頂けると幸いです。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ