うめブロ(ドラクエ10とか色々)

ドラクエ10の事と意味のわからない事を書いてます。

変換しない女シリーズ


私のチームには、ドラクエ10での一番の肝である意思疎通ツールの

チャット機能においてまったくの漢字変換を行わない女がいる。

名はゆうこまる。

そんな彼女は自分のミスには甘く、人のミスには厳しい。

ある日レモンスライムクイズ実装初日に

チームメンバーの

無題
ゆうちょ

4
ゆうこまる

6
まめ

5
うめーな



で突撃した時である。

アストルティアの知将が4人も集まったのである。

難なくクイズは成功し、一人ずつ報酬のふしぎなイレモンをもらっていく。

そして、ゆうこまるにストーリーリーダーが渡り、

ゆうこまるのクイズが始まった瞬間である。




ゆうちょがレモンスライムにしばり打ちをした!

レモンスライムはしびれた!

レモンスライムはしびれて動けない!

レモンスライムはしびれて動けない!

レモンスライムはしびれて動けない!

ピピー!タイムアーップ!























546















しばり打ちをしたプクリポを、3人は無言で見つめた。


















さぁこのモンスターは何でしょう!
















もちろん不正解だった。



わかるはずもない。




敢えてここで戦犯は誰かとは言いたくないが、

レモンスライムクイズにおいてレモンスライムの行動は、

そのモンスターを知る大きなヒントのひとつであるのは間違いない。

その行動を不能にするしばり打ちをレモンスライムに行うとは、

言語道断である。


4
『わたしのイレモン・・・;×;』



彼女は泣いていたと思う。

かわいそうなゆうこまる。

楽しみにしていた報酬のふしぎなイレモンを

一人だけ手にすることができず、

途方にくれるゆうこまる。

僕らは、しばり打ちをしたピンク色のたぬきを無言で見つめていた。

戦犯は誰とかは別に言わない。

しかし、僕らはしばり打ちをしたピンク色のたぬきをただ無言で見つめていた。



その後の彼女はゆうちょが何か発言するたびに、



4
『わたしのいれもんかえして!』



と叫ぶ姿があった。




そして彼女のチームへの書置きメモが更新されていた。







4
【レモンスライムにしばりうちしないで】








人のミスには厳しい女である。




そんな彼女のサポをよく私は雇う。

主に日課の討伐に使うので、

お気に入りの討伐対象である、

サウスロードに適した麻痺G装備のサポは重宝している。

フリコメに『麻痺』という2文字でサポを雇用する。



ある日のゆうこまるのフリコメ。





4
【まひがーど100☆がんこうつけたよ!】










サウルロードのやけつく息!

ゆうこまるはしびれた!










5
『・・・・』










また別の日のゆうこまるのフリコメ。


4
【まひがーど100☆がんこうつけたよ!】








サウルロードのやけつく息!

ゆうこまるはしびれた!












5
『・・・・・・・・・』











騙されるたびにゆうこまるに注意をする私。

一向に改善される気配は感じとれない。






しかし、私は思った。

これ以上同じような思いをする方が増えてはいけない。

あまり書置きメモを人への注意などに使いたくないのだが、

ここは心を鬼にして、チームへ注意喚起するため書置きメモを更新することに。







7
これは、ゆうこまるが同じミスをしないようにするための

メッセージも含まれている。

私がゆうこまるを雇う際に、装備をチェックをし、注意すればいいだけの話。

ただそれだけの話なのは間違いないのだが、

私は我慢ができなかった。

少しだけでも雇う側の気持ちを考えた行動ができるようになってほしい・・・

私はただそれを切に願い書置きメモを更新。

これでゆうこまるサポ被害者がいなくなれば、みんな幸せになれる・・・。

私は、ただただそれだけを思い更新ボタンを押した。














3
まったく反省の色が見られませんでした。

さらにかきおきメモでは漢字を使うっていうキャラ崩壊っぷり。


たぶん彼女はわざとコメント詐欺を働いていると確信した私。








そして、今日たまたま彼女の広場のページを覗くと。


1


フワフワわたあめの事でしょうか。





2
わたあめ落としません。


絶対わざと。


※Vロンの仮面という装備を付けてたらフワフワワタアメたまに落とします。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

年末年始の長期休みが終わりました。

楽しい時間というのはとても早く過ぎ行くもので、

体感速度500km程で私の目の前を正月が通り過ぎていきます。

いくら正月のことを愛おしく思い、

抱き寄せても正月は私の腕から水のように零れ落ち、

気づくと月曜日が私を後ろからホールドしていました。

月曜日が憎い・・・!(月曜日が祝日の場合は火曜日が憎い)


◆年越しはチームと行いました

20150101-0013_215004349
集合場所はガタラ展望台。

チームチャットでは誰か理論値アクセができることを報告すると、

『ありえん』『はぁ?』『捨てよう』など『おめでとう』の一言もでない

人の嫉妬をそのまま言葉に出してしまうようなチームですが、

そんなチームが私はカブトムシの次くらい好きなので、

これからも暴言をチームチャットで吐きたいと思います。




◆大根

20150103-0351_215853844
大根取れました。




◆新しい何かが目覚め

自分の隠し持っている能力が目覚めるというのは、

少年漫画を読んでいればよくある話です。

親友がやられたり、過去のトラウマを克服したりと

自分の中の新しい何かが目覚めるきっかけは

多種多様に漫画の中では描かれています。

私自身、この世に生を育み30歳に足をかけようとしている今日この頃、


20150102-2325_215767832
まさか天地のかまえから見えるパンツに、

興奮を覚えるとは思いもしませんでした。




20150102-2325_215767832
足を大きく開いた形は日本の象徴、

富士山をも想像させます。

私は登山家。

目の前に山があれば上ります。

そう、そこに山があるから。




20150102-2325_215767832(1)
登りついた山頂には、お金では買えないものがあります。

だから山を登るのです。






1
お母さん。

僕は生きてます。

あけましておめでとうございます。




ドラゴンクエストX ブログランキングへ

↑このページのトップヘ