うめブロ(ドラクエ10とか色々)

ドラクエ10の事と意味のわからない事を書いてます。

20150803-2237_268711947
あれはドラゴンクエスト10発売の1週間程前でしょうか。

私は仕事の出張でイタリアにいました。

20歳の頃に一度、語学留学のために行ったイタリア。

今回で二度目の訪問。

ローマの街並みは、何も変わってなく

私は仕事の合間をぬって思い出の地、

サン・ピエトロ広場に足を運んでいました。

大理石の柱が2重に取り囲む巨大な広場には、

大人数の観光客でサン・ピエトロ大聖堂へと続く長い行列を成形していました。

私はその大人数のただの一人として、

そこにただ立っていた時です。


『あの・・・すいません・・・?』


異国の地で母国語で声を掛けられた私は、

動揺をしながら声のする方へ顔を向けるとそこには、

黒髪の女性が立っていました。

歳は見た目から20代前半といったとこでしょうか。

肩まで伸びた綺麗な黒い髪と、

大きな澄んだような瞳に私は吸い込まれそうにになり、

自分が声を掛けられたことも忘れ、

彼女の顔をただただ見つめてしまっていました。



『あれ・・・もしかして日本の方じゃなかったかしら・・・
 ああ・・・ソーリー!ベリーソーリー!』

『ああ!すいません!異国の地で日本語を聞いてしまいちょっと動揺してしまいまして。』


本当は彼女の綺麗な顔立ちに見惚れていたなんて言えず、

焦ってありきたりな返事をする私。


『ああ・・・!よかった!一人でイタリアに来たものの、
 全然言葉が通じなくて・・・挙句道に迷ってしまって・・・
 あの・・・このホテルの場所、ご存じではないですか?』

『おお、偶然ですね。このホテルなら私の泊まっているホテルと一緒だ。案内しましょう。』

『本当ですか!?ありがとうございます!』


神様がくれた偶然なのか、

彼女の泊まるホテルと私のホテルが一緒という事実に

動揺を隠すのに全神経を注ぎ、

私は紳士的に彼女をホテルへと案内しました。

ホテルまでの道のりでは、彼女が一人で旅行に来たこと。

彼氏とつい最近別れて、傷心の身であること。

日本では、モデルの仕事をしていること。

私と彼女は異国の地で知り合った偶然が背中を押し、

お互いのことを初対面とは思えない程に会話の花が咲いた。


『ここが、目的地だよ。』

『本当にありがとうございます!
 なんて、お礼をいっていいのか・・・』

『いやいや、そんなに改まらないでください。
 異国の地で、同じ日本人。
 お互い助けあいましょう。
 あっ、ちなみに僕の部屋は505号室なので、
 また、何かあったら言ってください。』

『何から何まで本当にありがとうございます!』


こうして、私は彼女を見送った。

長旅の疲れからか、

私も自分の部屋に戻りベッドの海へダイブした。



・・・どれくらいの時間が経っただろうか。

気が付くと、外は暗く携帯電話の光だけが部屋を灯していた。


コンコン・・・

コンコン・・・


ドアを叩く音がする。

こんな時間に訪問者かと思い、ドアを少しだけ開け訪問者を確認すると

昼間出会った綺麗な彼女がそこに立っていた。


『お休み中でしたか?よかったら、ちょっと飲み・・・ませんか?』


上目遣いで私を見つめ、

両手でワインを持っている彼女の願いを断る理由なんて一つもなく、

私は自分の部屋へと彼女を通した。


『ちょっと一人だと寂しくなりまして・・・』

『私も少し飲みたかったんだ。ちょうどよかった。』


ゆっくりとグラスにワインを注ぎ乾杯をした。

とても広いとは言えない異国のホテルの部屋で二人、

私たちの心の距離が0になるのも一瞬だった。




『だめ・・・うめーなさん私のトレヴィの泉が・・・』

『ボンジョルーノ!ボンジョルーノ!』

『ローマ・・・!すべての道はローマに・・・通ずる・・・!』




s004_597



ローマの夜は長い。















翌朝、目を覚ますとベッドには私一人だった。

昨夜のことは夢だったのだろうか。

枕元に1枚の紙切れがあった。

そこにはこう書いてあった。










『楽しい夜をありがとう。 北川景子』












こうして、私のイタリア出張の旅は終わった。



そして帰国し、友人が買うという理由から私もドラクエ10を始めた。







ドラゴンクエストX ブログランキングへ

20150716-2203_263851108


気がつくと七夕クエストは終わっていました。

学生の頃に比べ、時間が過ぎる体感速度は何倍も早く、気がつくと20代最後の歳となっていました。

小さかった頃は自分が大人になるなんて、想像もつかなかったですし、自分の描く未来予想図はとてもきらびやかで、今の自分が見ると目を背けたくなるような夢を見ていました。

梅雨も過ぎ、本格的な夏が目の前に差し迫るこの時期、私はいつも高校時代のあの出来事を思い出します。


それは、私がまだ女性というものを知らなかった頃にさかのぼります。

私の地元はとある4つの県で成り立つ島のひとつに住んでおり、海なんて歩いていける距離にありました。

そして当時の私は、今の自分が見たら殴り倒したいんですが、いっちょまえに彼女が存在しており、その彼女は大都会東京から引っ越してきたばっかりの、いわゆるシティガールでした。

大都会で暮らした彼女にとって、田舎はどうも肌に合わなかったらしく、メールをしても電話をしても、直接会っても二言目には『東京に帰りたい』と言っており、田舎育ちの私にとって田舎の素晴らしさをどう伝えるか、それが付き合いたての頃の課題でした。

そこで私は当時の彼女に夜の海で星を見よう。

そう提案しました。

こっそり親が寝静まったのを見て、二人で抜け出し、海で星を見よう。

彼女は2つ返事で了承しました。

これで、少しでも自分の住んだ街の良さが伝わればいい。
少しでも寂しい思いを忘れてくれたらいい。そう思い私は作戦実行の夜までに入念な計画を立てました。

お互いの両親が寝静まる時間は大体23時。

そこから、海まで少し遠い彼女の家まで私が自転車で迎えに行く。

彼女の家の前についたら、携帯を鳴らし彼女を連れ出し、海まで行く。

そして、二人で海岸から星を見る。

あわよくばおっぱいを触る。


私たちは二人で当日の夜まで入念な計画を練り、作戦実行の夜を待ちました。


そして、計画実行の夜。

晩御飯は今から始まる非現実的な出来事を想像し喉を通らず、
お風呂には入念に入り、
居間でついているテレビの情報などは一切耳に入らなかったのを今でも思い出します。


早く寝ろ早く寝ろ早く寝ろ早く寝ろ…


私は心の中で両親に向かってそう願うばかりでした。

そして時刻は23時前。

両親はいつものように寝室へ向かい私は
、はやる気持ちを抑えまず自室へ向かいました。

そして、すぐに彼女にメールを送ります。

『親が寝た。今すぐ行く。』

すぐに返信を知らせる着信音が鳴ります。

『気をつけて来てね。』

とうとう計画を実行にうつす時が来ました。

自室のドアを慎重に、まるでガラス細工を扱うように開け、ゆっくりと玄関へ向かいます。

靴を履く音さえも聞こえないように、慎重に慎重に外へ出ました。

そして、愛車のママチャリに股がり、私は彼女の家までの最短コースで自転車をこぎだしました。

彼女に会ったら一言目には何を言おう。

今日あった部活の話でもしようか。

彼女はどんな顔をしてくれるだろうか。

おっぱいは柔らかいのだろうか。

私は今から会う彼女のことで頭がいっぱいになりながらも、必死で自転車をこいでいきました。

頭の中では当時流行っていた、GOING STEADYの佳代が流れます。

大通りに入り、交通量も多いこの道をまっすぐいけば彼女の家。

夜風がとても心地よく、自然とハンドルを強く握っていました。

背後からくる車のライトが私の背中を照らし、

まるで青春映画の主人公になった気分で自転車をこぎます。

あと少し。

あと少しで彼女の家だ。

まず第一声はどうしようか。

深夜に会う彼女はいったいどんな姿で出てくろうか。

期待と不安が入り混じり、私の心を熱くしていきます。


そして、私の背中を照らすライトが消えたと思った瞬間







『そこの前を走る自転車少し止まってもらってもいいかな』
















いつもまにか私の背中は車のライトではなく、赤色灯で照らされていました。




『君何歳?』

『19歳です・・・』

『ちょっと若く見えるねえ、身分証明証とかある?』

『ちょっと、今持ってなくて・・・』

『自転車に学校のステッカー貼ってあるけど、これなに?』











『すいません、未成年です。』





















その日、私は彼女の家には着くことなく自宅へ引き返されました。





当然、両親は私のことを鬼のように殴り、夏の間の外泊禁止令まで出す始末。






そして、その日私が彼女に最後に送ったメールは

















つかまった
かえる















この二言。

翌朝、彼女から30通を越えるメールと何件もの着信があったのを思い出します。


こうして私の高校時代の夏は終わりました。

そろそろドラクエブログ書きます。

↑このページのトップヘ